EC市場について

下グラフは、経済産業省の調査結果にある海外のEC化率と比べると、中国では約35%を超えており、
アメリカのEC化率は約10%で日本でのECの普及は遅れているのですが、全産業においてEC市場は伸び続けています。

2019年度のBtoC市場における日本国内のEC市場規模は19兆3,609億円

そして、2020年度は新型コロナウイルスの流行により、在宅のままの消費や、店員との接触を避けた買い物の需要が急激に増えたため、更に伸びる事が予想されます

今後のEC市場について、

コロナ禍によりユーザー・事業者ともにオンライン化の需要が急激に加速する
コロナ禍の時代には、人々の移動に制限があるため、あらゆる産業において、オンラインの需要が急激に高まりました。その影響で今まではオンライン化を検討していなかった小規模事業者を含む中小企業においてもECやオンライン決済に対する動きが急加速しました。

・行政サービスのオンライン化の促進
・小売のネット通販
・飲食店の宅配サービス等様々な物品やサービスがオンラインで、最小限の密になっている

PAGE TOP